« 春、アケビを食べる | トップページ | 夏の御岳山へ »

2014年5月 7日 (水)

シダ、しだ、羊歯

沖縄へ行ってまいりました。GWを使って、家族サービスも兼ねて(つーかそっちがメイン)。
というわけで好き勝手がなかなか効かなかったのでしたが、楽しかったです、もちろん。

で、道中写真もばしゃばしゃ撮ったので蔵出しを。
ほんとはもっと初夏の花いっぱいの旅を期待してたけど、意外に地味~な展開に・・・。

01

那覇から北へ走る有料道の法面は、北へ行くにつれてずっとこんな感じ。うちの方(関東近辺)ではなかなか見られない光景。
これは、コシダなのかな? ともあれ、羊歯がずううーっと斜面を覆っているのが珍しかった。


02_2

で、ずううーっと来たかったやんばるへ。こんな感じの景色。このへんの山の典型的植生なのかな。
常緑樹の中に、見たこともないようなデカいシダ。


03

国頭村の比地なる場所に誰でも気軽に歩けるトレッキングルートがあり、島でも有数の滝に続く。


・・・とかやってるといつまでも終わらないので、特にシダが多くて素晴らしかったのでアットランダムに乗っけることにします。
文字数少なめに。種類も名前もよく分からんし・・・。


04_3  05

06  07

タマシダとかホウライシダっぽいのも?


08

ノキシノブ?


09

猛禽類の羽のよう。


10  11

たくさん人が歩いてるけど、写真撮ってると「なになになに?」みたいにけっこうのぞきこんでくる。
で、シダを撮ってると分かるとあからさまに「なーんだ」みたいな顔をされたり。
まあそら、なーんだなんだけれども。


12  13

14

けっこうキレイだと思うんだけれど。コシダかな?


15  16

なんだかよく分からないけど、いちおう上げてみた。ジュラ紀の化石みたい。


17

この日陰の壁にへばりついて輝いている感じがすごく好き。


18  19

こんな新芽の形態だって、よく見るととても美しい。


20

・・・と思う。


21

で、ここから別の日、別の場所。名護のヘゴ園。正式名称忘れた(思い出す気なし)。


22

5mくらいあって見上げるこれもシダ。ヒカゲヘゴ。日本で最大のシダだとか。
見上げながら、思わず「おおおー」と尊敬の声をあげる。心の中で。


23   24_2

このなんともジュラシックな幹の模様は葉柄が枯れて落ちた痕。こうしてだんだん大きくなったんだねぇ(しみじみ・・・)。


25

葉の基部。見なれない新手のケダモノのよう。


26_2

この巨大な新芽はマヨネーズとかつけて食べられるらしいけど機会がなかった。残念。
触った感触は、実はもっとしっとりしているのかと想像していたけど、かさこそした感じ(かさこさって変な擬音語だな)。


あとはおまけ。

27  28

29  
30


いや~地味でしたね~
でもまあ見た目が派手なだけの花が咲いてりゃいいってもんでもあるまい(と自分にいい聞かせる)。


まだ写真あるので、次はもう少しにぎやかなやつを。


ではでは、またまた~

|

« 春、アケビを食べる | トップページ | 夏の御岳山へ »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シダ、しだ、羊歯:

« 春、アケビを食べる | トップページ | 夏の御岳山へ »